Menu

断食のススメ

0 Comments

腸内環境の改善の手段に断食が挙げられるでしょう。丸一日でなくても何日などの断食でも効果があるように思います。断食は腸を休めるので、腸の疲労回復にもつながります。腸の疲労回復によって、悪玉菌を減少させ善玉菌を増加させる効果も知られています。

しかし、いきなり断食をすることは難しいでしょう。断食は何も口にしない修行のようなものだと思われがちですが、何も口にしないのではなく朝食・昼食を果物やヨーグルトだけにするといったふうに、量を抑え腸の疲労回復につながる食事を摂ることも効果があるでしょう。

また、断食でも水分補給は欠かせません。水分の不足は腸の働きを鈍らせるので、断食中でも水分は適切に補給するようにしましょう。しかし、冷えすぎた水は体に良い影響を与えないでしょう。断食中の冷たい水は腸の働きをとても抑制してしまいます。キンキンに冷えた飲み物はとても美味しいですが、腸のことを考えるならば少なくとも常温のお水が良いでしょう。

断食によって腸内環境が改善しても、腰痛を始めとした痛みには効果があるのか疑問に思うかもしれません。学術的に因果関係が証明されたものではないようです。しかし、腸内環境の悪化によって便秘を引き起こしてしまうと、腸内にガスが溜まり周囲の血管などを圧迫してしまいます。そうすると、血流が悪くなるので腸の近くにある腰の部分に疲労物質が溜まりやすくなってしまうでしょう。そのため、痛みが発生してしまったり回復が遅くなってしまったりすることがあるようです。

腸内環境と腰痛に因果関係は解明されていません。しかし、ないとも言い切れないでしょう。腸内環境が悪くなり体調不良を起こせば、体の節々に痛みが発症するかもしれません。なにより健康的な生活は血液をさらさらにして血流が良くなることでしょう。血流の改善は、体の痛みの改善につながるものだと思いますから、腸内環境の改善は痛みを取り除くためにも必要なもののように思えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

c