Menu

背骨のゆがみ

0 Comments

背骨のゆがみは五十肩や脳卒中などに悪い影響を与えると考えられています。
年配の方だけでなく若い方でも、腰や背中の痛みを理由に病院で受診したことがある方は少なくないでしょう。腰や背中の痛みで病院に行くと、まずレン卜ゲン写真を撮影されて骨のゆがみを指摘されると思います。病院ではなく整体に行っても、背骨や腰の骨が歪んでいたり曲がっていたりすると指摘されることでしょう。
整体では牽引したり背骨や腰の骨の施術をしたりするなどして、背骨の矯正をして腰痛や背中の痛みの改善を図っています。しかし、これらの対処療法的な治療ではその場では痛みが和らぎ改善したように感じても、長期的に再発を防いだり痛みを完全に取り除いたりすることはあまりおおくないようにおもいます。
長期的な改善ができない理由は、腰や背中の痛みが背骨単独の問題ではないからだ考えています。背骨もまた肩押骨と骨盤と連動しています。このため連動しているすべての部分を考えながら矯正をしていく必要があることでしょう。
背骨を真っ直ぐに矯正することでは痛みを完全に取り除くことは難しいでしょう。これは背骨が真っ直ぐである人が居ないためだと考えています。現代では何らかの原因で背骨はほぼ確実に歪んでしまっており、むしろゆがみや曲がりが悪いのではなく、形づいてしまうことが問題だと考えています。形がつかないようにするには、背骨や連動する部分の弾力が大切でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

c